血糖値測定器 生活習慣病

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


痛みの少ない血糖値測定器を選ぶには その1

 血統値測定器の選び方のポイントは、前回いくつか挙げてみました。
 血糖値測定器を選ぶポイントに『痛みの少ないもの』に重点を置く人は、結構多いと思います。
 血糖値の自測定は、定期的に行なう必要があります。なので、苦痛伴っていては、なかなか継続させるのは難しいですよね。

 

 血糖値の測定は、本体・チップ・穿刺針が揃わないと、測定する事が出来ません。
 この中で、痛みに関わる部分の担当は、採血をする部分でもある『穿刺針』です。
 測定は、本体に対応したものを使わないと出来ません。なので、穿刺で痛みの少ない方法を選ぶ=痛みの少ない測定器を選ぶという事になりますよね。

 

 では、『痛みの少ない血糖値測定器』を選ぶポイントを説明しましょう。
 痛みの少ない測定器=穿刺の作業に痛みが少ないものと言う事を前述しました。
 ですので、穿刺する際に痛みを緩和してくれる『減圧式採血器』を採用している機種を選んでみては如何でしょう。

 

 減圧式採血器。これは、採血の為に針を刺す際、マイナスの圧力をかける事で血液を吸い上げるんです。その為、痛みを緩和する事が出来ます。
 この方式を取り入れている機種としては『ファインレット減圧式採血用穿刺器具』(三和科学研究所)があります。

 

 他にも『マイクロレットチョイス』(バイエルメディカル製)(製造終了)もありますよ。
 これは、指先以外の部位から採血する為の機種なんです。なので、痛みをより一層緩和する事が出来る機種なんですよ。

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


page top