血糖値測定器 生活習慣病

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


痛みの少ない血糖値測定器を選ぶには その2

 痛みの少ないものをポイントに置いて、血糖値測定器を選んでいる人が多くいるようですね。
 前回、採血器の選び方によって痛みをいかに少なく採血出来るかのポイントになると述べました。
 でも、痛みを緩和する方法というのは、実はそれだけではないんですよ。

 

 血糖値を測定するのに必要なもの。それは、血糖値測定器の本体・センサー・穿刺針です。
 穿刺針には、細いもの太いものがあります。もしかしたら、細い方が痛みが少ないかも…と考える人もいらっしゃるのでは?
 太い針を刺す方が痛い…人間は、まず目で見て痛みを想像する事があるんです。
 しかし、針の太さと痛みの強弱というのは、実際はほとんど関係がないと言われています。

 

 そうなると、細い穿刺針=痛みが少ない血糖値測定器と言う方程式は、成り立たなくなりますよね。
 痛みというのは、針を刺す場所、深さによって強弱が大きく変わるんです。
 針を刺す深さというのは、どこの製造メーカー・機種であっても調整は可能なんです。なので、そこにこだわる必要はありません。

 

痛みを感じにくい部位で測定できる血糖値測定器

 痛みの少ない血糖値測定器を選ぶポイント。それは、痛みを感じにくい部位でも測定出来るかどうかと言う事になります。
 採血する部位としては、『指先』が良いと思います。すぐに血が出やすいですし、作業自体もしやすいですよね。
 しかし、指先と言うのは一番痛みを感じやすい場所でもあるんですよね。
 なので、比較的痛みを感じにくい部位(前腕・上腕・親指の付け根・太股など)でも採血可能な機種を選んでみては如何でしょう?
 これらの部位でも採血が可能な機種としては、以下のようなものがあります。是非参考にしてみて下さいね。
 『ニプロフリースタイルフリーダム』『ニプロフリースタイルフラッシュ』『プレシジョンエクシード』など…

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


page top