血糖値測定器 生活習慣病

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


血糖値測定器の正しい使い方

 血糖値測定器での自己測定。測定に慣れるまでには、ちょっと時間が掛かってしまうかも知れません。測定器で正確な測定値が出せない場合。これでは、測定する意味事態がなくなりますよ。
 ミスのないように正確な値を出すように、様々な点に注意を払うようにして下さい。

 

 今回、血糖値測定器の正しい使い方を挙げてみる事にします。

 

採取する血液は必要十分な量を確保すること

 正しい測定をする為、まずは、本体にあった血液の量が必要になります。血液の量が少ない場合。その時は、実際の血糖値よりも低い値が出てしまう恐れがあります。

 

 針をさす前に、その部位を良く揉んでほぐしたり、温めたりしましょう。そうする事で、血が出やすくなり、測定に充分な採血量を得られますよ。血の出が悪いと言って、無理に絞り出すのはやめましょう。血液以外の組織液が混ざってしまう恐れがあります。正確な値を出せない原因になってしまいます。決して、搾り出すといった事はしないで下さいね。

 

センサー部分にしっかりと血液を付着させること

 採血の量は充分だとしても、センサーに付着させる分の血液が少なかった場合。これでも血糖値が低く出てしまう可能性がありますよ。センサーに充分な量が吸引されるまで、決して離さないようにして下さいね。

 

消毒した手はきっちりと乾燥させること

 これら以外でも、注意しなければならない事があります。測定前に行う消毒液が乾いていなかった場合では、血液に消毒液が混ざる可能性があります。これでも、測定値に誤差が生じます。消毒した手はしっかりと乾かしてから測定を始めて下さい。

 

センサーの有効期限切れには気をつけること

 また、センサーには使用期限があるという事を忘れないで下さいね。まとめ買いをするのは構いません。しかし、必ず使用期限内で使いきれるかどうかを考えながら購入して下さい。
 使用期限が切れてしまったセンサーを使っても、正しい測定は出来ませんよ。

血糖値測定器の正しい使い方記事一覧

 血糖値測定器のデータを、実際に治療に役立てる為には、どのようなポイントをおさえて測定すれば良いのでしょう? あまりにも神経質になって、頻繁に血糖値を測ってばかりいても仕方ありません。 また、ポイントがずれた測定時間だった場合、統計結果を比較しづらくなってしまいますよ。 血糖値測定器を上手く役立てる為にも、各人の糖尿病の状態によっておさえておくべきポイントを把握しておきましょうね。 普段の生活での...

 血糖値測定器は、結構手間が掛かります。 血糖値を測定する為には、本体だけあっても測定出来ません。 本体以外に必要な針・センサー(チップ)。これらは使い捨てです。都度、交換が必要です。 この使い終えた針・センサー(チップ)。これらの処理はどのようにすれば良いのでしょう…血液の付着した針・センサー(チップ)の取り扱いを間違えた場合。血液中の微生物を病原体として、別の人に感染させる可能性がありますよ。...

 糖尿病患者が自分で血糖値を測定・管理する。これは、大変有意義な事ですよ。 糖尿病にとって一番怖いのは、合併症です。しかし、血糖値がちゃんとコントロール出来ていれば、合併症を防ぐ事が可能だからです。 自分で血糖値管理をする場合。「血糖値測定器」は必要不可欠ですね。 市販されている血糖値測定器を使って自己管理に役立てましょう。 そうすると、病気に対する意識も高まってきて、身体にも大変良い結果を生むこ...

 血糖値測定器で自己測定。充分に理解しているとは思いますが、本体がけあっても測定は出来ませんよ。 測定器本体以外に必要なもの。採血に必要な穿刺針。採血をしたものを付着させるセンサー(チップ)。 これら3点セットがないと、測定する事は出来ませんので注意して下さいね。 これら以外に測定に必要なものはないでしょうか… ここでは、血糖値測定の為の補助用品。用意しておくと便利なもの、役立つものを紹介しましょ...

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


page top