血糖値測定器 生活習慣病

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


無痛血糖値測定器の開発

 血糖値測定器の技術。これは、日々進化し続けています。
 指を乗せるだけで測定出来る装置。血液以外の組織液で測定する装置など…開発が進んでいると言われています。
 しかし、現在でもまだまだ実用化までには至っていません。
 多少なりとも痛みを伴う血糖値測定器での自己測定。先日、日々励む人達にとって、とても嬉しいニュースが飛び込んできましたよ!

 

 そのニュースの内容とは?なんと、採血しなくても測定出来る装置の実用化の目処が立ったというのです。
 その方法は、長崎工業技術センターが開発しているレーザー光を利用した測定器との事です。
 レーザー光を肌に当てる事で、反射した光の波動で血糖値が測定出来るという仕組みだそうです。
 これが実用化されれば、針を刺して採血するという痛み、手間におさらば出来ます!
 数値結果は、採血して測定する装置のデータとほとんど変わらないそうです。正確性も立証されています。
 これは、販売化に向け期待できますね。

 

 また、従来の血糖値測定器の煩わしさは「痛み」だけではありませんでしたよね。使い捨て消耗品に対するコストもバカになりませんよね。
 年間を通して、10万円程かかると言われる採血での測定装置。レーザー光を使った装置だと、針、センサー(チップ)の交換をする必要はありません。
 なので、10万円程の経費が浮く事になります。自己測定をする人にとって見れば、大変有難い話ですよね。

 

 尚、コスト面と共に、衛生面的にも大きかった『針』。これらの危険性もなくなるという大きな効果が見られますよね。
このレーザー光を使った測定器が実用化、販売化される日が遠くない事を願うばかりです!

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


page top