血糖値測定器 生活習慣病

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


消耗品の取り替えが手間という方にオススメの機種

 血糖値測定器を使用するにあたって。穿刺針・センサー(チップ)の取り替えが必要な事は述べましたよね。
 どちらも血液を付着させます。衛生面を考慮すれば、この作業は当然の事です。

 

 しかし、毎回交換作業をして、測定準備して、測定結果を待つ…という作業を繰り返さないといけません。
 それを思うと、忙しい人にはかなりの負担に思えますよね。
 そういった人は、穿刺針・センサーを備蓄する事が出来る測定器がある事を知っておいた方が良いですよ。

 

ロシュ・ダイアグノスティクス

アキュチェックコンパクトプラス

 『アキュチェックコンパクトプラス』(ロシュ・ダイアグノスティクス製)だと、センサーがドラム型になっているんです。
 しかも、17枚分のセンサーがそのドラムに内蔵されているんです。なので、17回分の測定に関しては、取り替え作業の手間は省かれますよ。

アキュチェックアビバ

 『アキュチェックアビバ』(同社製)だと、穿刺針が6回分内蔵されたドラムを使用しているんです。
 なので、6回分の穿刺針の取り付け作業の手間は省かれますよね。

 

消耗品の有効期限に注意

 機種によっては、穿刺針・センサー(チップ)の取り替えの手間が、数回分に関しては省ける機種もあります。
 取り付けの手間が煩わしい人にとって見れば、こういった機種を選ぶ方が良いですよね。
 しかし、忘れないでいて欲しい事があります。センサーには、有効期限があるんです。
 購入する手間も省く為、買いだめをした。しかし、有効期限が切れてしまった…これでは、意味がありませんよね。
 購入する際、有効期限までに使える分のみを購入するようにしましょうね。

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


page top