血糖値測定器 生活習慣病

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


血糖値測定器で自己管理するためのポイント

 糖尿病患者が自分で血糖値を測定・管理する。これは、大変有意義な事ですよ。
 糖尿病にとって一番怖いのは、合併症です。しかし、血糖値がちゃんとコントロール出来ていれば、合併症を防ぐ事が可能だからです。
 自分で血糖値管理をする場合。「血糖値測定器」は必要不可欠ですね。

 

 市販されている血糖値測定器を使って自己管理に役立てましょう。
 そうすると、病気に対する意識も高まってきて、身体にも大変良い結果を生むことでしょう。
 ですので、血糖値測定器を使って自己管理する為のポイントはちゃんと抑えておきましょうね。
 まず最初に、測定値を記録する為のノートを1冊用意して下さい。

 

 血糖値管理をする必要性がある人。その人には、当然主治医がいますよね。病院を受診される時に、そのノートを主治医に見せて下さい。
 そのノートには、測定結果を書いておく事は当然です。その他にも、数値が上がっていたり下がっていた場合、思い当たる原因をメモして置いて下さい。
 そうする事で、更に自己管理がしやすくなりますよ。

 

 また、1日の内何度も図る必要はありません。ポイントを抑えて測定を行なうと言う事は、大変大切なのです。
 もちろん、その数値に拘りすぎる必要も全くありませんよ。数値に振り回され、逆にストレスを溜め込んでしまっては意味がありません。
 測定結果を見て今後の治療方法などについての診断は、全て主治医に任せましょうね。

 

 なお、自己測定の結果が良かったからと言って、病院の定期健診を疎かにするのもやめましょう。
 自己測定は、あくまでも血糖値コントロールの目安として捉えて下さい。継続的に測定して記録する事が重要なのです。

キツイ運動も薬も一切使わず
たった3日で血糖値を下げる
ことのできる食事療法


page top